ベジタリアン 不足 栄養素

ベジタリアンの人が不足してしまう栄養素

今回は、ベジタリアンの人が不足してしまう栄養素とはなんなのかを書いていきたいと思います。

まずは、亜鉛です。
亜鉛は、牡蠣、肉類、卵、海鮮類などのタンパク質が多い食品に多く含まれています。 そしてあまり含まれていない物をあげると、インスタント食品やスナック菓子、ファストフード、加工食品、カップ麺などの炭水化物量が高いものです。 1人暮らしをしている人だと特にこのような食品を多く摂りがちですが、偏った食生活措定る人が多いと思います。 他にも、ベジタリアンで動物性のタンパク質を食べない人は、同じように亜鉛の量が不足してしまうのです。 亜鉛が不足してしまうと、肌や爪に異常が出てしまったり、髪が抜けやすくなるなどの症状が起こることがあります。 アーモンドや落花生に含まれているので、これらから摂取するといいでしょう。 肌荒れや爪に異常が出たり、髪が抜けやすくなってしまうようなことは、女性にとってはすごく嫌なことではないでしょうか。肌や髪は綺麗な方が良いですし、爪も綺麗な方が良いですよね。

2つ目は、ビタミンB12です。
ビタミンB12が不足してしまうと、赤血球の生成を助けることが出来なくなってしまって、貧血を引き起こしてしまったり、神経伝達障害を発症してしまい、鬱病や認知症になってしまう可能性が高くなってしまいます。 ビタミンB12は、のりなどの海藻に多く含まれているので、それらを積極的に食べるようにするといいでしょう。 貧血が酷い場合は、倒れてしまう人もいますから気を付けなくてはいけません。また鬱病や認知症になってしまうのは嫌ですよね。 私も貧血になったことがありますが、目の前が真っ白になって冷や汗が出て辛かったのを覚えています。貧血は良くないですから、ビタミンB12をしっかり摂取したほうがいいと思います。

3つ目は、オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)です。
オメガ3脂肪酸というのは、魚介類に多く含まれて、目や脳、心臓の健康などに役立つと言われています。 このオメガ3脂肪酸が不足してしまうと、脳神経系にダメージを与えて、鬱病や情緒不安定になってしまう可能性が高くなってしまうかもしれないのです。 植物性食品では、クルミやキャノーラオイルなどから摂取すると良いそうです。 目や脳や心臓に役立つ栄養素が不足してしまうのは、すごく良くないことだと思います。情緒不安定になるのもよくないですから、すごく必要な栄養素だと思います。

4つ目は、鉄分です。
鉄と言っても、動物性の食品に含まれるヘム鉄、植物性の食品に含まれる非ヘム鉄という物があるようです。そして体への吸収率が良い鉄は、動物性のヘム鉄だそうです。

また鉄分が不足してしまうことで、貧血になってしまいます。 体調が悪くなるだけではなく、精神的にもイライラしてしまったり、不安感が増してしまうそうです。 そして普通は疲れていれば、ぐっすり寝ることが出来ますが、鉄分が不足してしまっている人は、疲れていても睡眠が浅くなってしまったり、不眠症になってしまう可能性があります。

鉄分を摂るなら、大豆やホウレン草をたくさん食べなくてはいけません。

イライラが多くなってしまうと生活が楽しくないと思いますし、周りの人を不快な気持ちにしてしまう可能性もあります。そして不安感が増してしまうと、色々なことに不安を感じてしまい、生活がしにくいのではないでしょうか。

また不眠になってしまうと、生活をしていくうえでも障害が出てきますし、健康にもよくありませんよね。 睡眠不足になってしまうと、仕事にも影響が出てしまいますし、何にも集中できなくなってしまう可能性が合います。そして怪我や事故などの原因にもなってしまう可能性がありますから、しっかり摂らなくてはいけない栄養素だと思います。

このようにベジタリアンは、病気になってしまうリスクを減らすことが出来ると紹介されていますが、このように必要な栄養素が不足してしまいがちということがわかりました。

これらが不足してしまうと、色々なことが起こってしまい、生活していくうえで色々なことに障害が出てしまいます。 人間には必要な栄養素がありますから、必要な栄養素はしっかり摂った方が良いのではないかなと思いました。 ベジタリアンになること自体は決して悪いことではありませんし、良いことも勿論あります。ですが、このようなことも起こる可能性があるということをしっかりと理解してほしいと思います。

理解していなくて、続けてしまうともしかしたら本当に病気になってしまう可能性があるのです。健康のためにベジタリアンを始めたのに、結果病気になってしまっては意味がありませんし、後悔してしまうと思います。 なので、そのようなことが起きないためにも、摂取できる食材を見つけて、積極的に摂取して、必要な栄養素が不足しないようにしてください。

健康が第1なので、無理なやりかたは控えてください。そして時には、サプリメントなどを使い、栄養素を摂取するといいかもしれません。

↑ PAGE TOP