ベジタリアン 生活しやすくなるため

ベジタリアンの人が生活しやすくなるためには?

ベジタリアンの人が今よりも生活していきやすいために書いていきたいともいます。

日本でもベジタリアンの人が増えてきました。これを読んでいる人で、もう実践している人もいると思いますが、まだしていないという人も多くいると思います。

ベジタリアンの人が大変なことと言ったら、やはり食事ではないでしょうか。 家族で食事をする時に友達を食事をする時、自分も相手も嫌な思いをしないためにも、食事のことを考えたほうがいいでしょう。

ベジタリアンになると決めたことは決して悪いことではありません。ですが、他人の全ての人が、ベジタリアンになると決めたことを受け入れるとは限らないのです。 環境や宗教などによった理由で、ベジタリアンになることを決めたとしても、ベジタリアンではなく普通に生活する人の中には、批判する人もいるでしょうし、批判的な態度を取ってしまう人もいるかもしれないのです。そうならないためにも、仕事で食事をしないといけない時や、家で食事をしないといけない時、食事に誘われたときには、自分がベジタリアンなことを事前に伝えておき、しっかりと説明しておけば、相手を嫌な気持ちにすることがないでしょう。 もし理由を聞いてくることがあれば、喜んでその理由を説明するといいでしょう。 もし理由を説明する時にも、相手が嫌や気持ちにならないように説明の仕方も気を付けなくてはいけません。 例えば、他の人に食習慣のことを攻撃的な発言をしないようにしましょう。言葉を考えてから発言しないと嫌な思いをしてしまう可能性が高く、争いになってしまう可能性も出てきますが、しっかり考えて発言すれば、相手はあなたを攻撃的にいうことは少ないと思います。

また自分がベジタリアンになるのであれば、家族にもしっかり話をしなくてはいけません。個人がベジタリアンになるだけなので、家族が一緒にベジタリアンになる必要はありませんが、家族が好きな料理とベジタリアン用の料理を一緒に楽しめるようにするといいかもしれません。ですが、自分の目の前にお肉があると嫌だというのであれば、すこし面倒です。

ベジタリアンになろうと思う前は、肉を普通に食べていましたし、目の前にあった物なので、少ししたら慣れるのではないでしょうか。

肉があると嫌だからといって食事を別にすることも出来ますが、家族で一緒に食事をすると健康にもいいので、一緒に食事するようにした方が良いでしょう。 そしてベジタリアン料理は自分で作るようにすると、他の人に迷惑をかけずに過ごすことができ、家族との時間も増えるでしょう。

またベジタリアンのメニューになるような代用品を知っておくといいでしょう。 代用品として使える素材をいくつか紹介していきます。 薄切りのぶつ切り肉は、セイタンという物を代用します。 セイタンとは、小麦のグルテンをいくつかの香料と一緒に混ぜた物のことです。 モッタリとしていて、肉のような食感なので、炒め物などに合うようです。 セイタンは、1度調理されているので、火を通す時間も短くて済みます。

次はひき肉の場合は、豆腐を代用します。 豆腐を1度凍らせて、解凍させると質感が変化します。解凍して豆腐の水気を絞ると、豆腐の形も崩れます。 そしてひき肉を使うメニューを作る時に、代用して使うといいでしょう。 豆腐は生でも食べること出来るので、調理時間を短縮することも出来ます。ですが豆腐は味を吸い取ってしまうことがあるので、調味料は少し多めにすると、料理全体の味はちょうどよくなると思います。

他にも代用できるものがあると思うので、色々工夫してみるといいでしょう。

外食する時には、礼儀正しく振舞いましょう。 ベジタリアンが増えているのは間違いがありませんが、まだ少数です。なのでベジタリアン用のメニューがあるお店は少ないのです。もし友達にベジタリアンがいるのであれば、情報交換をしてベジタリアンメニューがあるのかを確認しましょう。

レストランでは、料理の中にお肉が入っていることがありますから、食材に何を使っているのかをお店の人に聞くようにした方が良いでしょう。

スープなどには、動物性の出し汁を使っていることが多いですし、ベーコンの油を使っているメニューもあるかもしれないので、気をつけましょう。

もし肉などが使われているような時には、食材を抜くことが出来ることもありますが、出来ないこともあるので、理解しましょう。 そしてもし抜いてもらうことが出来た時には、しっかりと感謝をしましょう。

またもし自分で外食をするお店を決めれるのであれば、事前に調べて決めるといいでしょう。

また外食ではなく、誰かの家に行く時にも、礼儀正しくすることを忘れないでください。もし招かれる時があれば、食べるものを持って行くといいでしょう。

もし持って行かなくて、食べ物の中に肉が入っていることがわかり、「お腹がすいていないから」と断ってしまうと、相手が嫌な気分になり、納得してくれないことがあります。そうならないためにも、しっかりと持って行くようにするとお互い嫌な気分にはならないでしょう。

このようなことをすれば、ベジタリアンの人が少しでも生活がしやすくなるのではないでしょうか。 少しでも理解してもらえるように、ベジタリアンの人も、そうでない人もしっかり考えてあげることが大切だと思います。

↑ PAGE TOP